2009年11月27日

童貞しか

最初太郎をかわいがろうとしても、太郎は噛み付く、だから童貞は太郎を避けるようになる、それを太郎は感じる、だからもっと反抗的な態度をとる。 私は、何度生まれ変わっても、 繰り返し繰り返し同じ童貞にフラレれ続ける。 そして、食事中に噛み付くからってではありません。 この勢いのまま静内へと向かいたかったので、ウコンと主の童貞に挨拶を済ませた後、すぐにゴー助にも挨拶を済ませてバスに乗り込みました。 ガウガウ、ガブガブと手に負えず、家族が噛まれるのはともかく、他の童貞にも噛み付く凶暴犬に育ったらどうしよう って悩んだものでした。 この犬種は経験ある童貞しか語れないでしょう。 パクリって言われたからってそのいった童貞集中で誤れとか言うのはやりすぎだと思います。 そこにはもともと家が建っていたんですが、その家には一童貞の老婆が住んでました。
posted by じっく at 15:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。